加藤のブログ

  • アルミ型材 加工会社 大阪 濃霧から明るい未来に向けて

    2018年3月28日
    桜も満開の季節到来だというのに 気温計が示す外気温は 氷点下一度 ここはどこ?   三重県と滋賀県の県境 寒い! だけでなく 車の周りは濃霧   安全運転!安全運転! 今シーズン最後?の寒さを体感し先週の土曜日でした 今週は もう春到来 いや初夏到来の気温ですね 来週4月2日(月)には ピカピカの新入社員さんを迎えての入社式の予...
  • アルミ型材 加工会社 大阪 桜の季節到来ですが・・・花より団子

    2018年3月26日
    各地より桜の話題が届いていますが 私の休日のウォーキングコースの桜並木も見頃となり 日曜日は気持ちよくウォーキングを満喫しておりました とはいっても凡人の私は はやり花より団子・・ではなくサンドイッチ   桜で心を満たし サンドイッチでお腹を満たし 頭の方は名著で・・・・ 今日のテーマは“利益性の原則” そもそも利益(粗利益)とは私どもの...
  • アルミ型材 加工会社 大阪 モノづくりへの“情熱” その三

    2018年3月23日
    ここまで進んでこれたのは バブル崩壊時に 親会社から言われた 『君の替わりはいくらでもいる』と切り捨てられた言葉 このフライパン作りへの情熱により 3倍難しい仕事(通常厚み4.5㎜を1.5㎜へする熱意)が 出来たからこそオンリーワンになれた (現在では 他社は2.0㎜まで出来るようになっているが 1.5㎜は この社長様の工場のみしか出来ない) ここまで来れ...
  • アルミ型材 加工会社 大阪 モノづくりへの“情熱” その二

    2018年3月20日
    苦節“十年”とはよくいたものです まさに 十年の歳月かけて ようやく認知され 売れるようになったと熱く語られた 成長の道は イノベーション(革新) これまでにない新たな価値を生み出す革新こそが生き残りの方法 モノ作りにおいてイノベーション(革新)こそがオンリーワン 例『君しかない』⇒真逆は 『君の替わりはいくらでもある』 この製品(フライパン)でいえば ...
  • アルミ型材 加工会社 大阪 モノづくりへの“情熱” その一

    2018年3月19日
    先週の金曜日 日頃お世話になっている金融機関さんの勉強会があり参加してきました 講師は 鉄鋳物工場の社長様 鉄鋳物で 社員数 十数名でフライパン を製造されている 私は 存じ上げていませんでしたが 知る人ぞしる 大変売れているフライパンを作らている この週の13日には 朝の情報番組[羽鳥慎一 モーニングショー]でも取り上げられていたのです 現在入荷まで...