加藤のブログ

アルミ型材 加工会社 大阪  アルミ溶接枠

2018年4月11日

看板枠として看板店様にご利用いただいている角パイプの

溶接枠をご紹介いたします

まずは

角パイプ溶接部及び仕上げ写真 

  

左側は溶接部ビート仕上げ前      右側は仕上げ後

表面の溶接のビートを綺麗に仕上げております(溶接枠にアルミの複合板を貼りやすくする為です)

 

溶接部詳細写真①             溶接部詳細写真②{穴(φ4)はガス抜き穴}

                 

ガス抜き穴を付けることにより枠内部での空気の膨張を防ぎ枠

の変形がないようにしております

次に 使用例をご紹介させていただきます

☆標準的使用例 角パイプ2㎜×30×30使用

H1000×W2000(補強用縦桟1本付)

H1250×W2500(補強用縦桟2本+横桟1本付)

 

☆角パイプを使っての納品製作例 

〇縦桟付タイプ

〇縦桟+横桟付タイプ

 (パネル取付用プレート 平角棒2×50 10φ付)

☆アングルを使っての納品製作例

〇縦桟+横桟付タイプ

 

〇角パイプは通常 30角40角50角を使用しますが ご要望により他のサイズでも製作可能です

〇溶接枠の最大製作サイズは H2500×W5000まで可能です

 

♯アルミ型材 ♯加工会社 ♯アルミ加工 ♯大阪

 

 

 

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

CAPTCHA