加藤のブログ

アルミ型材 加工会社 大阪 全社員営業研修 第二講

2018年4月05日

3月31日最後の土曜日 午後二時より五時までみっちり社内勉強会を開催

今年のテーマである『全社員営業研修』の第二講

 

 

いつものハッピーニュースの後は 2月の講義での宿題(アクションリスト)の結果を

グループごとに発表

 

そして グループでの中から 一人ベスト発表者を決め 全員の前で発表してもらうことに

 

私のいたグループからは営業管理の宮島さんが選ばれ 記念品が授与

 

後半は 全員営業についての講習へ

業績を良くするためには 経営の源である お客様を作り出すことが必要で

次に お客様を失わないようにしなければならない

その為にはお客様活動を 会社全体で実行するのが顧客対策なのである

小さな会社では お客様対策は 営業マンだけするのではないのである

前回の事例は 高知県のディーラさんの話でしたが

この日の事例は4社あり トップバッターは関西金属製作所のすぐ近く 大阪市は平野区のケーキ屋さん

 

お客様の 不便をスタッフで話し合い その対策をした結果が売り上げ増へ

2社目は 埼玉県の葬儀社様の事例 地元では後発の葬儀社さん

こちらでも 駐車場から葬儀会館は遠く かつお客様の出入り口は自動ドアでは無く手動式

お客様からすれば 大変不便をかけている

普通ならスタッフからは 近くに駐車場を手に入れてほしいとか 出入り口は自動ドアにしてほしいとか要望が出るところであるが

(お金をかけず)その不便を逆手に取り 逆転の発想で 今では地域NO-1になっている

この2社を含めて 他の紹介事例での共通点は コミュニケーションUPの発想

すなわち全員営業の成果なのである

 

事例を踏まえて いつものようにグループ内で 気づきをまとめ

 

そして グループごとに気づきを発表

 

 

今回の事例でも 前回同様 参加スタッフにとって かなりの刺激を受けたのではないでしょうか?!

“逆転の発想”は 思いもつかなかったことであり 自社に置き換えたら何が出来るか?! 各自考えさせられたことです

少しでもお客様とのコミュニケーションをUPできるよう前進してまいります

♯アルミ型材 ♯加工会社 ♯アルミ加工 ♯大阪

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

CAPTCHA