加藤のブログ

アルミ型材 加工 大阪 本の効用は? 人間力を高める営業部の読書発表会 73回目

2019年11月13日

人間力を高める営業部の読書発表会

9周目の最終バッターは 出口部長

タイトルも 読書発表会にふさわしい?!

【死ぬほど読めて忘れない「高速読書」】

少々過激なタイトルですね

鉄道車両内の広告から気になってすぐに購入した一冊

開口一番 これは“速読”ではありません

速読は 本を早く読む為の技術(例えば 眼球の動かし方や斜め読みの仕方)ではありません

高速読書は 読んだ本を自分なりに活用する為である

 

高速読書のメリットは

1、速く読める

2、内容を忘れない(速読では 内容をあまり覚えていない傾向があるらしい)

3、仕事や生活で活用できる

4、レッスン不要ですぐに活用できる

5、人生が豊かになる

 

出口さん曰く そう簡単に 速くは読めないが

著者は 一冊30分程度で3回読む技術を提唱しています

それは単に速く読む為の技術だけでなく

多くの本を読むことにより(インプット)

豊かな知識を得て それを活用(アウトプット)し 問題解決をする力を身につけることであるとしています

 

我々関西金属製作所営業部の面々が目指す

「人間力を高める営業部の読書発表会」と通じるところであります

 

速く読み そしてアウトプットする為には

なぜ 選んだ本を読むのか 目的を明確にし

青ペン等を駆使し アウトプットノートを作る

出口さんは早速実践していると 発表してくれました

同じ分野の本を7冊読むのもお薦めとのこと

そういえば 私も ある著者の本を8冊くらい読んでいるのですが

いろいろな角度から一つのテーマが理解できることがわかりました

 

これにて2019年度 人間力を高める営業部の読書発表会 9周目 無事終了です

また半年後 営業部のメンバーが選りすぐりの本を紹介させていただくのを

楽しみにしていてくださいね!!

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

CAPTCHA