加藤のブログ

アルミ型材 加工 大阪  これぞNO-1の商品戦略

2019年3月18日

先週の金曜日 金融機関さんの勉強会があり参加してきました

講演者は メディアに度々登場されていますのでご存知の方も多いでしょう

私どもの会社は B TO B (会社対会社)の商売です

こちらの会社様は B TO C(会社対消費者)戦う土俵は違いますが 見事な戦略でした

 

その戦略とは 5大戦略の内の一つ 商品戦略

お判りの通り “さば”一本に絞っておられます

沢山ある魚の中から さば に特化

商売を始めた頃は お知り合いの方々から

「“さば” だけでなく 他の魚も扱わなければ すぐに倒産するよ!」

とまで言われたのですが 究極の選択で “さば” に一極集中

さば 専門店としての認められるためにさまざまな取り組みをされています

さば料理のメニューの数は 38(さば)

ランチョンマットは  38種類のさばの楽しみ方を見せたり

 

店舗の開店~閉店時間 は AM11:38 ~PM11:38 (いいさば)

もちろん店舗名は SABAR

 

さばという魚は 腹部分が銀色で 背びれの方に向かって 徐々に青くなっていくのにちなんで

こちらの社長の日常の服装は 靴が銀色 ズボンは ジーンズ 上着は 濃紺の作業着

胸には 《さばや》の文字

背中には さばに対する思いがびっしり書き込まれている まさに歩く広告塔

 

商品戦略はもちろんのこと

ブランドイメージからブランドを認知してもうらう仕組み作りも見事

さまざまなマスメディアに載せてもらい 今では さばと言えば 鯖や と言われるまでになった

 

儲かると思って あれもこれも手を出している方が多い中

好きな“さば”に絞って 情熱・熱意をもって前進されている

わが身を振り返らされました

 

百聞は一見にしかず

一度 SABAR店舗に行ってみることにします

 

 

コメント一覧

現在コメントはありません。

コメントする

  • コメント

CAPTCHA