• アルミオーダー型材専門会社
  • アルミオーダー型材専門会社

アルミの溶接について

アルミの溶接には大きく別けて次の3つのタイプがあります。
(1)ティグ溶接
(2)ミィグ溶接
(3)スポット溶接

(1)ティグ溶接

ティグ(TIG)溶接は、Tungsten Inert Gas Arc溶接の頭文字をとったもので、不活性ガスとしてアルゴンガスを使用します。

図のようにタングステン電極と母材(アルミ部材)との間にアークを発生させ、そのアーク熱により母材および溶接棒(アルミ)を溶融して接合する方法です。

(2)ミグ溶接

ミグ(MIG)溶接は、Metal Inert Gas Arc溶接の頭文字をとったもので、ティグ溶接と同様にアルゴンガスを使用します。

図のようにティグ溶接と異なり、電極となるワイヤ(アルミ)を連続的(自動送給)に溶接部に送り、その先端と母材との間にアークを発生させ、そのアーク熱により母材(アルミ)とワイヤーを溶融して接合する方法です。

ティグ溶接とミグ溶接の長所・短所

【長所】

【短所】

(3)スポット溶接

図のように2本の電極にはさまれた板の中央部が通電による抵抗熱で溶融され、ナゲットを形成して接合される方法です。

アルミオーダー型材、アルミ型材既成材、加工、小ロット対応、短納期対応のお困り事はお任せ下さい。

06-6752-0471

受付:平日 9:00~18:00
担当:中田・宮島

お見積り依頼
カタログダウンロード
お問い合わせ